新着情報
NEW! 10/29WEBサイトをオープンしました
NEW! 講師の先生が決定しました!日向ひまわりさん
NEW! イベント詳細決定しました。このWEB参照!
12/8(土)首都圏で愛される関西人の集い ~第4回クリスマスパーティについて
 毎年恒例!「首都圏で愛される関西人の集い」クリスマスパーティも4回目を迎えることにとなりました。
 関西から出てきて首都圏に来たけど、友達増えないなーと思っているキミ!関西弁が恋しいアナタ!そんな関西圏の大学出身者を集めて楽しいパーティーを開きます。今回はゲストに女性講談師・日向ひまわりさんをお招きし、講談を披露いただきます。修業時代のお話も聴けるチャンスです。地元を離れて夢を叶えようとする関西人のみなさん、一緒に楽しい時間を過ごしましょう。
詳細
○日 時: 2018年12月8日(土)13:00~16:30(12:30受付開始)
○会 費: 2,000円
     (関西大学の卒業生は先輩方からの参加費補助により、無料で参加できます)
     (武庫川女子大学の卒業生は大学からの補助により、会費は1,000円です)
○持ち物: 1,000円程度のプレゼント(プレゼント交換会を行います)
○開催場所: 関西大学東京センター(東京駅すぐ 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー9階)
○申込締切: 2018年12月1日(土)
○申し込み方法: 特設HP内の申し込みボタンをクリック!

●プログラム内容 
・13:00~ ごあいさつ
・13:15~ 第一部 ご歓談とお食事
・14:15~ 第二部 講談と講演
 【講師】講談師 日向ひまわりさん
  講談(30分)「 ~当日のお楽しみ~ 」
  講演(60分)「寄席演芸『講談』の世界に入って」
・16:00~ 第三部 プレゼント交換タイム


食事用意しています!


●日向ひまわり(ヒュウガヒマワリ)さん プロフィール●

ひまわりさん
 【出身地】広島県三原市
【階 級】真打ち
【略 歴】1975年 広島県三原市大和町 生まれ
     1994年 二代目神田山陽に入門、講談師となり神田ひまわりを名乗る
     1998年 二つ目に昇進
     1999年 若手演芸家に贈られる林家彦六賞の内、『岡本マキ賞』を受賞
     2008年 真打に昇進し、日向ひまわりと改名
     2009年 三原市の「ふるさと大使」に就任
           津山市「観光アドバイザー」就任
     2012年 日本ユースリーダー協会より「ユースリーダー支援賞(個人)」を受賞
     2013年 コロンビア大学 東アジア言語文化学部にて講演


 現在、東京都内の寄席を始め、全国各地で高座に上がる。大きな会場での公演だけでなく、公民館や集会所、お蕎麦屋さんやお寿司屋さんのお座敷など地域密着型の会にも出演。「講談は心を読む芸だと教わりました。今も昔も変わることのない人の心が描かれた講談を一人でも多くの方に生でお届けをし、講談の楽しさ・面白さを知っていただき、身近な娯楽の一つにしていただけたら」という思いを胸に活動中。

          
        
その他
○お問い合わせ
      関西大学東京経済人倶楽部 若手会 事務局
      Tel:03-3211-1670(関西大学東京センター内)
               
      武庫川女子大学東京センター
      Tel:03-5202-8051
          
○運営:関西大学東京経済人倶楽部 若手会・武庫川女子大学東京センター
○共催:関西学院大学・IPU環太平洋大学・近畿大学・神戸大学・松山大学・立命館大学
昨年の栗スマスパーティー
イベント開催日
残り 18日
12
8
関西大学東京経済人倶楽部
若手会とは?
 関西大学を卒業し、東京近郊で働く若手卒業生が中心となって「関西大学東京経済人倶楽部若手会」は発足いたしました。東京方面で仕事を持つ同世代の卒業生のニーズを踏まえた、若手卒業生向けの交流会や、勉強会を企画しています。普段の生活の中で出会う機会の少ない若手卒業生同士を繋ぎ、人的ネットワークを拡大する機会を提供できればと考えております。ぜひ、交流会や勉強会にご参加いただければ幸いです。
活動写真
武庫川女子大学
東京センターとは?
 武庫川女子大学東京センターは、関西からのアクセスが極めて便利な場所(JR東京駅八重洲中央口から徒歩3分)に開設された、武庫女生のための活動拠点です。窓の外には東京駅全体と、丸の内のオフィス街が広がっています。ここは、活気溢れるビジネスの中心地にありながら、就職活動で上京するときも、旅の途中で立ち寄るときも、友人と久しぶりに再会するときも、どんなときも訪れたみなさんにとって、心地よくリラックスできる空間でありたいと願っています。みなさんの来館を、お待ちしています。
東京センターの様子